ツール・ド・モンブラン(V)
2018年7月04日(晴れ)         トリコ峠越(2120m)
 地図は⇒こちら
行動  シャモニー(路線バス20分)〜レ・ズッシュ(1010m)ロープウェイ使用
〜ベルビュー(1801m)〜トリコ峠(2120m)〜ミアージュ小屋(1559m)
今日からツール・ド・モンブラントレッキングが本番になります。
シャモニーから路線バスに乗りレ・ズッシュに行きロープウェイでベルビュー へ着く。
準備体操後トレッキング開始
300m登って560m下るコースです。
トリコ峠へビオナセ氷河を見ながら登りミアージュ小屋まで下りました。
初日なので歩く時間は約5時間程度でした。

画像の裏に大きな画像があります。(クリックして下さい)
エギュイ・デュ・グティー       ル・ブレヴァンとエギュイ・ドゥ・ラ・グリエール
今日も晴天、ホテル近くから見る風景。
エギュイ・デュ・ミディ         ドーム・デュ・グティー
ボッソン氷河        ル・ブレヴァンのロープウエイ
ホテルから歩いてバスに乗り場へ向かう。
     
バス乗り場     丁度走ってきた観光トレイン
少し大きな町では何処も観光トレインが走っています(英語のガイド付き)。
レ・ズッシュのロープウエイ乗り場。
流れ星はバスにストックを忘れ、ガイドに話をするとバスは折り返して来るとの事。
バスを待ちストックを無事手に入れる。このためロープウェイに乗るのが少し遅くなりました。
 レ・ズッシュからのルート図    エギュイ・デュ・ミディとエギュイ・デュ・グティー
見る場所が少し変わると山容が全く違った形に見えます。
レ・ズッシュ            ロープウエイの終点ベルビュ-(1801m)
レ・ズッシュは冬はスキー客が来るのでしょう、ベルビューにはリフトが沢山ありました。
レ・ズッシュからベルビューへのロープウェイから見る風景。
ロープウエイの終点ベルビューからの展望。
グーティ小屋        ビオナセ氷河
グーティ小屋は、フランス側からのモンブラン登山の途中にあります。
ベルビューからトリコ峠へ向けトッキング開始。
ベルビューはスキー場で、リフトがありなだらかな丘です。
ベルヴューから少し歩くとトラムウェイ・モンブランが走っています。
     
トラムウェイ・モンブランはアプト式登山鉄道です。
フランスで一番高いニー・デグル(1800m)まで登ります。
      
ツールドモンブランは標識(TMB)が整備されています。
語学が達者な人(英語が通じます)は、一人でも歩く事が出来ます。
       
カンパニュラ・バルバタ           遠くに吊橋が見えます
「吊橋を渡っていくのだ」とガイドから説明を受ける。
  1.        
ハクサンイチゲ        セリ科の花
歩く両脇には沢山の花が出てきます。
       
ウズラバハクサンチドリ             マルタゴンユリ
       
TMB標識               ?
イブキジャコソウを見つけ説明中        お花畑
タマキンポウゲ(バターカップ)        お花畑を風景に取り込む
     
休憩時間中も流れ星は花を見て回る         シオガマギクの仲間
     
休憩中見つけたアオチドリ(多分)      吊橋の場所まで歩いてきました
最初はガイドが渡ります。
ゆすれば揺れますが怖くはありません。
足場の良い場所で代わり替わり写真撮影。
     
天気が良いので展望の良い場所で、ピクニックランチ。
トラムウェイ・モンブランの登山電車。
(ズームで撮影)
モンブランを見ながら昼食。
ガイドがメロンをご馳走してくれました。
一面アルペンンローゼが咲いています。
ビオナセ氷河とドーム・ドゥ・グテー     グテー小屋(ズームで)
グテー小屋は、死ぬまでに一度は行きたい山小屋だそうです。
ドーム・ドゥ・グテー、モンブランの風景
     
ゲンチアナ・コキアナ                 ビオラ
食事後花を見ながらトリコ峠へ向かいました。
     
ゲンチアナ・ベルナ            ブルーベリー
アルペンローゼ             コケマンテマ 
     
トリコ峠(2120m)の標識。
今夜の宿ミアージュ小屋遠望            峠からの展望
小屋まであと少しなので峠で30分程休憩しました。
峠には沢山の人が休憩しています。
峠からの眺望。
峠には沢山のカラス?(日本のカラスより小さい)が、
トレッカーのくれる食べ物を狙って沢山集まっていました。
     
ガイドが鷹と言っていました              ムシトリスミレ
トリコ峠からの下りにも沢山の花が咲いていました。
トリコ峠からの風景
     
ワタスゲ                ミアージュ小屋への標識
ワイルドベリー               マーモット
野イチゴは美味しかった。
ミアージュ小屋到着。
ミアージュ小屋から越えて来たトリコ峠を眺める。
食事まで時間があるので周辺を散策。
ミアージュ小屋から(Domes de Miage)の展望。
山小屋の夕食。
サラダ               ジャガイモの入ったオムレツ
ミアージュ小屋の夕食のメインは、名物のオムレツでした。
チーズ          デザートのアイスクリーム
大きなチーズの塊、ガイドが小さく切って食べ方も教えてくれました。
チーズの周りは、私達はカビと言いますが、ガイドはバクテリアと言ってました。
デザート                夕暮れの風景
デザートは、ブルーベリーパイとアイスクリームの選択でした。
食い意地のはった流れ星はアイスを食べたのに関わらずブルーベリーパイも食べたくなり
別会計でオーダーする。
ベリー沢山で生クリームも軽めでペロリ平らげました。
      :
夕日に輝くドミーズ・デュ・ミアージュ(Domes de Miage)山群。
破線が本日歩いたコースです。
本日はTMB初日なので歩く時間を短く設定してあり5時間程の歩きでした。
ベルビュ‐を9時20分に出発しミアージュ小屋に着いたのが14時55分でした。
TMB初日から沢山の花がトレッキングコースには出てきました。
花はブログに載せていますのでブログを見てください。
こちら⇒
@ A B C D E  F