2009/10・30

                   大ボシ山に登る

     天気 晴れ           参加者 あるぷ会員5人(ヤマガツオ・ワカメ・ユキちゃん・流れ星・石さん)

                            HIROさんご夫妻   ぼちぼちさん

駐車場〜登山口〜20番鉄塔〜26番鉄塔〜 頂上 〜26番鉄塔〜北の展望尾根(昼食)〜26番鉄塔〜登山口〜 駐車場
8:30 9:00 9:20 10:50 10:55/11:02 11:07 11:50/12:30 13:00 14:00 14:35   

             30日に山に行こうと早くから決まっていたが天気が悪かったら嫌だな〜と思っていました。

             しかし、当日は朝から上天気。傘・雨具を携行したくないほどです。普段どおりの荷物を持ち出発

             久しぶりにお眼にかかる香川からのHIROさんの車に同乗させていただきアンパンマンミュージアム

             に集合。朝の挨拶ののち登山口まで山道を走ります。

             青い空が気持ちのよい青空が広がります〜

      

         雲がないので平板だね〜と文句を言って撮影            駐車場から上を見て出発

       歩き出してすぐに林道にチェーンがあります。ウオーミングアップのつもりの林道歩きが40分

       

                              ボタンヅル← 花後→ センニンソウ

 

     

              シマカンギク                         雲がどこにもありません

           

                  

              ジンジソウはそろそろ終わり              登山口までに大汗をかいたので服を1枚に

                                            減らしましたが・・それでも暑い〜

             

                                  ソヨゴの実

                 

          急な登り開始!                       20番    鉄塔巡視路を歩くので快適に整備されている

     

                  ウコギ科の実                        シラキの紅葉

                    

          

              ブナの木にキノコ一杯(食べれるろうか?)          織り成す色が眼に鮮やか

              

          寄り添うヒメシャラとブナ 恥ずかしくなる仲の良さ             21番

                  

                              ブナ黄葉す!

                  

                      ヒメシャラも〜

       

     

     がっしり食い込んで  絶対私達はなれませんの木            25番鉄塔にくるとア〜嬉しい雲が!!

                 

                     孔雀の羽のように広がって模様を描き出しました。

                     ここまで来るとブナ落葉しているのが多く見られますが木によるので時折見事な

                     黄を見ることもできたので上等としなくちゃね〜     

         

                あそこの鉄塔が尾根のしるし            ヤシャビシャク又ブナに着いている

     

        三嶺見える。剣も見えた!                      26番 最後の登りを一頑張りすれば頂上よ!

                

                                                        記念撮影

          頂上が今日の目的地ではないのですぐ下ります。

          下りつつ見ると牛ノ背・天狗塚が正面にドンと見えています。足元が急な道。あれ?こんな所来たっけ??

                  

                      牛の背↑ 三嶺も〜雲ひとつないですね。↓

                  

      

                       ここからは未知の世界、下って登るんですって

                 

                              下ったお陰でブナの黄葉に又あえます!

         

                          巡視路をはずれヤブ漕ぎに突入!

     

         お腹がすいているので赤い実が気にかかる      まだ?後どのくらいかかるの?と聞きつつ掻き分けて

                                         行くとなんと正面に

                 

                       梶ヶ森がど〜〜んと見えるではないですか!

                 

                             先ほど登った頂上は右上

                     

                                   北には笹原

                 

                                西に眼をやると紅葉

        快適な展望尾根が今日の目的地でした。ここで昼食タイム。各自持って来たものを出し豪華なお昼となりました。

        ナシ・ミカン・リンゴ・和菓子などなど。私は道の駅で見つけた「からむし」を持ち上げています。

        鯛におから(具沢山で味付けした)をつめて蒸したもので高知の郷土料理。目出度いときに作って昔は食べてました

        県外から来たHIROさん・石さんに食べてもらえてよかったです。山の上でカラムシを食べられ私も満足でしたよ

      

                                         お腹が張るとすぐ下山

       

          先ほどまでいた尾根続きの鉄塔  ここからも三嶺・牛の背が見えます

       

      ブナの葉が敷き詰められた登山道                大ボシ山側の尾根にあるブナ

     

     苔団子否上品な人は日本庭園といってた場所

          

          22番まで帰ってきた                         気になりやはり写してしまった!!

           

    

            20番鉄塔  まで帰ると登山口はもうすぐ         東が少し開けて見えた

     

            やれやれ帰着あとは林道を歩けば いいよ                      ヤマヨモギ

                  

               カメラで景色を移しながらお喋りしながら登山口へ歩くと短いものですね・

                      

                      駐車場上は朝と同じ青空が広がっていました。

                   

                     朝見つけてあった大木のイイギリ見事な実をたわわにつけています

                     美味しくないので最後まで残るのだそうで私達の目を楽しませてくれてありがたいことですね

        ワカメさん撮影

                            

                  天気に恵まれ紅葉も楽しめた1日でした。

                  同行してくださった皆さんありがとう〜

                  運転お疲れ様でした。

                  夢の温泉で汗を流し帰路に着きました。 

                                その後高知式宴会がひろめ市場で盛大に開催されたのは

                                いうまでもないことでしょう〜