西穂高岳(V)
(2908,8m)
2015年8月29日(雨)              参加者:流れ星・レーサー他1名
場   所  焼岳岳    地図は⇒こちら
行動 焼岳小屋7:05〜中尾登山口9:10⇒新穂高駐車場9:30⇒高知(南国)19:00

朝目覚めたら雨音がまだ聞こえている。昨夜からの雨が降り続いているのだ。
小屋で朝食を取りゆっくりしていたがが雨は止みそうにない。
3人で相談し焼岳に登らず中尾登山口へ直接降りる事に決めました。
登ってもて展望はよくないだろうから無理しないでおこうという考えです。
     
朝の焼岳                焼岳小屋の看板
       
イチヤクソウ           カメバヒキオコシ
焼岳に登るのを諦めて草花を見ながら下山します。
雨の為カメラもほとんど出しませんでした。
ミヤマウズラ ?                 秀綱神社
秀綱神社は、三木(姉小路)秀綱を祀っています。

ヒカリゴケが生育する洞窟。
中を覗き込みましたがどれがヒカリゴケか解りませんでした。
雨でピントがぼけていますが、こんな場所もありました。
白水の滝
落差45mもあるそうです、地形図にも載っています。
 中尾登山口                新穂高駐車場からの展望
約2時間で中尾登山口へ下山。
朝はかなり雨脚強かったのですが下山時には小雨となり雨具は要らないかなと
思えるようになっていました。
小屋からタクシーへ到着予定時間を知らせてあったので
下山したら車が入れる場所まできて、待っていてくれました。
待ち時間なしで乗り込み駐車まで行くことが出来、予定より早く車の場所まで戻りつけました。
登山用品を車に乗せると直ぐ温泉へ
錫杖岳を見ながら露天風呂にはいりさっぱりして人心地つきました。
早めの昼食に蕎麦も食べて満腹
高知への帰路についた。
今回歩いたコース(概念図)。出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/

 今回の山行は西穂高岳が主目的で焼岳はおまけの計画でした。
なので焼岳を目の前にして下山したのは残念でしたが、
登っても展望がない事は解っているのでやめました。
日本百名山登破の目的をもっている訳ではないので、
今回天候が悪いので無理はしないでやめたのです。
中尾へ下山中、焼岳へ登る登山者に1名会いました。